塾講師になるために

塾講師になる時には応募をしてすぐに面接を行い、そして採用になるという訳ではありません。
塾講師になるためには、業者ごとの採用試験を受けて一定の基準を満たして合格する必要があります。
ですから塾講師を目指すためにはまず、この採用試験への対策をする事が重要です。
採用試験では講師になるために必要な学力だけでなく、試験を受けた人が塾講師に向いているかどうかも判断されています。
採用試験は業者によって違いますが、学力がどのくらい必要とされるのか、講師に向いているかどうかをどのような点で判断されるのかというのは、知っておいて損になる事はないでしょう。


採用試験の多くでは学力試験も行われるため、まず試験対策をして行うべきは勉強です。
この時の試験でどのくらいのレベルが必要とされるかは業者によって違ってきますが、自分が教えたい生徒の学年によってある程度の目安は決まってきます。
中学生を教える場合は高校レベル、高校生を教える場合は大学レベルなど、これらの簡単な目安でまずはどのくらいの知識を勉強しておくかを決めて勉強をし始めると便利です。
またインターネットなどを利用して、自分が勤めようとしている塾ではどのくらいのレベルが求められているのかを調べておくのも大事です。


塾講師の採用試験では、学力を含めて多くの面を見られる事になります。
勉強だけをしていても試験に受からない場合が多いですから、採用試験を受ける前にはさまざまな対策をしておかなければなりません。
当サイトでは学力面での対策と、その他の面でどのような対策をすれば良いかを簡単にいくつか紹介していきます。
これから塾講師を目指す人にとって、有益な情報となれば幸いです。


▽関連サイト
バイトで勤めたい塾を探せる専門の求人サイトです ⇒ 塾 バイト

Copyright © 2014 塾講師の採用試験マニュアル All Rights Reserved.